人の痛みがわかる心は大事かもしれないが、あんまり強調するのも考えものだ。痛みなどわからなくとも、「それ、痛いよ」と言われてやめりゃいいだけのこと、と、一度は簡略化して考えてみるのがよい。