なぜ一生懸命やらないのかというと「一生懸命やったってどうせ大したことないから」という達観した予期によるのではなく、「一生懸命やってこんなんなのか」を目の当たりにすることへの狼狽ぶくみの恐怖によるのである、ということがしばしばである…なんてゴタクを並べる間もなく、つい一生懸命やっちゃうこと、を見つけないとね。